来てくれた人達

プロフィール

Y

Author:Y
8月17日生。
血液型をよくABと間違われるA型。

遂に社会人になってしまった
キモイヲタクの生存記録。
熱しにくく、逆に一度火がつくと
基本二度と冷める事の無い
愛が重すぎるタイプ。

【好き】
シャーマンキング
ローゼンメイデン
テイルズ オブ シリーズ
遊戯王GX
うたの☆プリンスさまっ♪ 他色々

コメント返信はコメント欄で、
拍手返信は拍手ページにあります。

CalendArchive

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローゼンメイデン

Category : 感想・レポート系
DSC02074.jpg

昨日はローゼンメイデン最終巻の発売日でした。
私が作品に出会って今年でピッタリ10年、遂に…遂に最終回を迎えてしまいました…
今回只の自分用の思い出語りなので読む意味ナッシンです!
ネタバレ部分は更に区切りますがまだ未読のお方はご注意を。

ローゼンメイデンは私が中学二年生の時に初めて観た深夜アニメでした。
観ようと思った切っ掛けは何だかタイトルに惹かれたんですよね…
特にメイデンの辺りに…まぁ【お察し下さい】シャーマンキング厨乙!!!

出てくるドールズ達は皆キャラも衣装も可愛いのに、
姉妹同士で戦わなければいけないというダークな設定。
あっという間にその不思議な世界観に引き込まれ、妹が買い始めたコミックスを
私の方が超熟読するといういつもの事態に陥るのでした。先に読んで怒られた。

蒼星石を失った翠星石が真紅に「寂しいですよぅ」って泣きつくシーンは
布団の中で吐く程泣きながら何度も読んだ記憶があります。
日常パートのキャッキャウフフとアリスゲームの悲壮感の差が激しいのがこの作品の特徴ですね。

高校に入って友達と仲良くなった理由も今考えればローゼンが切っ掛けでした。
好きな漫画が被るとコミュ障とは何処へやら状態で距離が一気に縮まるのがヲタクなのだ。
アニメ二期も楽しんで、特別編のオーベルテューレは観なかった事にしつつ、
のんびり新刊を待っていた高校二年生の春。

突然、コミックバーズでの連載を終了。シャーマンキングの悲劇再びで死ぬかと思った。
私が好きになる作品は皆打ち切りにされちゃうんだ!!!もう嫌だ!!!!!!!!
バーズ版コミックスの8巻の異常な薄さは今でも忘れない。
翌年ヤングジャンプで不死鳥の如く復活…私は大人の事情を察した…
無い金絞り出してシャーマン完全版とローゼン新装版を毎月買うのは幸せでした。

気付いたらバーズ時代よりヤンジャン連載の方が期間長くなっていたのですね…
去年の夏にアニメ三期で少し活気づいてコラボカフェとか楽しんでいた矢先に
最終回カウントダウンの発表だったのでちょっとショックで
もう少しだけ楽しませて欲しいなと思ったけど…
ちゃんとした終わりを迎えられるという事が同時に嬉しく感じました。

打ち切りダメ、絶対。

さて、ここから下はネタバレだぜ!!



とは言えちゃんと咀嚼しきれていないのが現状なのであやふやに書くよ。

最後の展開が怒濤すぎて頭の弱い私は何度か読まないと
話について行けなかったんですけどね、それはローゼンではよくある事。

もう真紅尊い!!!!!貴女こそアリスなのだわ!!!!!!!!!
真紅が皆を受け入れて、皆が真紅を受け入れたんだよ。
結構最後の展開とか所々トロイメントと似ていましたね。

最終バトルはもっと全ドール達でバトルして頂きたかったけど…
水銀燈のベジータっぷりも中々よかったので良しとします。本当に丸くなったね彼女!!
アニメ一期の時なんてラスボスだったのにね…お腹も無かったし(白目)
思っていたよりも典型的ライバル位置な娘で美味しかったです。
めぐは…あれで幸せだったのかな…最初に彼女が望んだ通りの結果になったのは驚いた。

金糸雀は「二番目」という立ち位置の辛さがあったのね…
もっと彼女の暗い部分も見てみたかったな〜と思います。
でもやっぱりみっちゃんとドタバタしているのがカナらしいかしら!
最期が地味すぎて泣いたけどカナのゼンマイのお陰でのあの結果ですから!
カナ無くしてあのハッピーエンド(?)は無かったかしら!!!

翠星石と蒼星石の出番はほぼ無かったな!!!!
一応双子推しですがまぁ展開的に仕方ないとしか!!
片目縫われた翠星石はもうホラーだったから私は自分の両目を思わず縫いそうになった。
ラストは翠星石の願っていた通りの終わりだったかな?
蒼星石だけじゃなく皆と一緒で良かったね。蒼星石はどう感じているのか分からないけど、
蒼星石の願い=お父様の願い=アリスの願いだから良いのかな〜

雛苺なんて!!!結局ヤンジャン連載分で元気な姿が見れたのは最終回だけだった!!!
こっちも展開上仕方ないけどね!!!!!!
いや寧ろ復活出来て良かったのだわ!!!可愛いベベ!!!
真紅の唯一の妹で末っ子だったけどこれからはお姉さんだぞ!

雪華綺晶はもう…最後に愛してもらえて良かったね…本当に良かった…
最後の「私も役に立てるでしょうか…」ってコマ!!!!
本当に可愛くて涙出て来たよ…彼女はやっとこれからローゼンメイデンのドールとして
生きていくことが出来るのですよ…真紅も大人ジュン君もありがとう…

中学生ジュン君はいきなり超人になったけど漫画ではよくある(ry
絶対に真紅を起こしてくれ!そして「起こすのが遅い」って怒られて
ツインテビンタを喰らってくれ!!頼むぜマエストロ…!!!

コミックス読んだのでヤンジャンの最終回も読んだのですが、
コミックス版は最後のシーン2ページ程加筆があって間合いが良くなっていましたね。
ジュン君がそれぞれのドールの名前呼ぶ所がとても好き。だからあの雪華綺晶の(ry
私が好きになる作品のラストは皆共通して旅が始まって終わるな!
終わりだけど始まりなんだよ!とても良いと思います!!

しかし画集第一弾の表紙がまさかの伏線だったとは思わなかったです。
幸せなあなたのお人形…嗚呼真紅…貴女は誇り高く、気高いローゼンメイデンの第5ドール…
少しの間だけおやすみなさい…

PEACH-PIT先生11年半の連載お疲れさまでした!
素敵な漫画をありがとうございます!!これからも大切に読みます。
またいつかローゼンメイデン達に出会える事を信じて。

スポンサーサイト

非公開コメント

  

押しても良い事は起きない

FC2ブログランキング

リンクフリー

ざれごと

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。